×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。


FX 外国為替研究                                      ・          ・


暴落のチャート 検証 雇用統計 2007年9月7日金曜日 

FX外国為替研究   FX暴落後の買うタイミング

FXチャート 動向      外国為替      雇用統計                     ・


毎月第一金曜日は恒例の米雇用統計

雇用統計まで様子見で、日本時間午後はほとんど動いていなかった



雇用統計 ドル円 20分足

     ドル円 20分足 FX外国為替チャート 2007年9月7日ー10日 


115.35レベルへ一旦上昇   雇用統計結果発表が伝わると

雇用統計 前回9.2万人 (下方修正あり)      予想11万人    結果 -0.4万人   

となり、最悪のサプライズ 結果に   

前月に比べ4000人のマイナスだった。雇用者数の減少は2003年8月以来、4年ぶり。信用力の低い個人向け住宅融資サブプライムローン)問題が雇用に影響してきたとみられ、米景気が減速する懸念が高まってきた。市場では米連邦準備理事会FRB)の利下げが近いとの観測が強まっているもよう。

 「11万人増」という事前の市場予測の平均が一転、4000人減となったことは米国の雇用拡大に急ブレーキがかかったことを示す。ただ失業率(軍人を除く)は4.6%で前月と同水準を維持。インフレ懸念が台頭するかどうかの境目とされる5%をなお下回っている。

 さらに、労働省は同時に6、7月の雇用者数の増加幅を、6月は当初発表の12万6000人から6万9000人、7月は9万2000人から6万8000人にそれぞれ大幅に下方修正した。雇用者数は今年1―5月に月平均14万7000人のペースで増えたが、その後の3カ月は平均4万4000人増にとどまり、伸び悩みが鮮明になっている。

  平均時給は17.50ドルで、前月比0.3%、前年同月に比べると3.9%の伸び。労働需給の引き締まりによるインフレ圧力は緩和していない。


FXチャート 検証      外国為替      雇用統計後                     ・


NY時間に113.15円まで下落 。後半にかけて多少値を戻し週末を迎えた。

これで、収束か? さらに下がるのか? 反転するのか?

10日月曜日朝 、ギャップを作り、さらに112.60円まで下げた

戻ろうとすると何度か戻り売りにあい、時間をかけて上昇していった。

結果的には、112.60で買えれば、最高である。前回サブプライム問題では、111円台まで下げている。

ここがFXの難しいところでもある。

もし、また、途中で金融機関の破綻のニュースが入れば、さらに下げるからだ。

底なし沼の底をどこで見極めるか? 

FX鉄則1 1円以上下げた場合は当日反転復帰はまずない。翌日の反応を見てから購入する。




暴落後はチャンスの到来! 検証
FX暴落のチャート 中国株 世界同時株安  2007.2.26
FX暴落チャート サブプライムローン問題 2007.8.16
FX暴落のチャート 雇用統計  2007.9.7


 FX研究 外国為替   FX研究外国為替トレード   FX外国為替研究 


FX研究 外国為替 

FX外国為替研究 

FX研究外国為替トレード