×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。





FX 外国為替証拠金取引 


外国為替相場 年表 

主な出来事 1ドル 円
1929 世界大恐慌
1945 ブレトン・ウッズ体制 (〜71)
国際通貨基金(IMF)、国際復興開発銀行(IBRD)、
の設立
金本位制(金1オンスを35ドル) 
360円に固定された
1971 ニクソンショック(金本位制崩壊)
スミソニアン体制(〜73)
308円
1973 各国変動相場制に切り替えた
キングストン体制
第一次オイルショック
変動相場制
(250円台)
1979 第二次オイルショック イラン革命 180円
1982 265円
1985 プラザ合意 ドル高に協調介入し、円高に  1日で13円下落
1986 日本バブル経済へ突入 240から120円台
1990 大蔵省 不動産融資総量規制
1991 日本バブル崩壊
1995 ドル円史上最安値  79.75円
1997 アジア通貨危機
ヘッジファンド、ジョージソロス、タイバーツを空売り
1998 東南アジア各国に波及
日本版金融ビッグバン 改正外為法 
2001 米同時多発テロ
XX 人民元切り上げ 



日本版金融ビックバン (橋本竜太郎首相時代)

金融システム大改革 (英国のサッチャ-改革見本)
従来は護送船団方式


2001年までに東京をニューヨークやロンドン並みの国際金融市場として再生することが目標となっていた。
フリー(自由化)、フェア(公正化)、グローバル(国際化)

具体的には
・銀行、証券、保険の垣根を実質的になくし相互乗り入れ自由化する・手数料の自由化 



日本版ビックバンの第一弾は、98年4月に施行した改正外為法による為替取引の自由化で、これは銀行の専業であった外国為替業務の規制を撤廃し、誰でも自由に外為取引ができるようにしたものである。


消費者も自己責任の時代へ






FX研究 外国為替証拠金取引 トレード へ


INDEX